2017年8月3日木曜日

スタインウェイB型のタッチウエイトマネジメント(続)

前回紹介したスタインウェイB型の仕事が終わりました。

まず偶数鍵のハンマーを外して下整音、センターのトルク調整、HSW測定をしました。
HSWをスマートチャートにプロットして傾向線を書き入れます。調整幅を考え鉛筆線のような感じに決めました。指標8.5、次高音からやや重めに持っていきます。最高音部はタッチウエイト上この程度では問題ないので、なるべく加工を最小限にするようにしました。


ベルトサンダーでの減量加工、ハンマー鉛での増量加工を経てアクションに戻します。
同様に奇数鍵のハンマーも加工します。次のスマートチャートで赤点のように仕上げました。


ウイペンはフレンジのトルク調整とスプリング溝の木殺しを行い、ヒールクロスに0.5mm厚の布ペーパーを挟み込みます。ストライクレシオを下げる方向ですのでジャック側に入れていきます。
ウイペン装着の際にスプレッド寸法を確かめます。低音から中音にかけて特に短めだったのでレールの上に薄板を挟み込み112.5mmに合わせます。

整調では特にバックチェックの合わせが全くできていませんでした。チェックされたハンマーを押すと軽く落ちて行ってしまうし、止まる位置も低すぎ(バックチェックが高すぎ)、バックチェックスキンがゆるゆるでした。正常に働くよう処置をします。

今回、サンプルを測った段階で鍵盤レシオが0.5~0.53とかなりのばらつきがあったので、ストライクレシオもかなりばらつきがあるのを見越してFW基準の鍵盤鉛調整を行いました。(作業前のFWは下表青色の線)

まず表計算ファイルを使い平衡等式からフロントウエイト値を求めます。

FW=KR・WW+HSW・SR-BW

ウイペンウエイトと鍵盤レシオはサンプルの平均値を用い、ハンマーストライクウエイトは実際値、ストライクレシオは平均値、目標バランスウエイトは今回は38gとして計算しました。
FW測定の要領でセットした鍵盤に鉛を載せて、計算で出したFW値になるよう鉛の位置決めをします。事前に手前の鉛は一つずつ抜いておきました。
加工は通常通り行います。最終FWは、HSWの傾向線と同様の滑らかさを持って調整されました。(下表赤色の線)


FW基準の鉛調整を行った場合は次にSR微調整を行います。各鍵盤のDWとUWを測定してBWを求め、BWのばらつきを取るようにSRを調整します。今回は38gを1.5g下回るもの、つまりBW36.5g以下になってしまっている鍵盤はレシオを低くし過ぎていると考えられるので、レシオを高く調整しなおします。ヒールに差したペーパーを奥(フレンジ側)に移動することでレシオを高くできるので、ペーパーの位置を加減して調整しました。ペーパーはジャック側に入れてあるのでこれ以上レシオを下げることはできません。残念ながらバランスパンチングクロスの半カットも使えないので、一部BW40gを超える鍵盤もありましたが、レシオの高すぎるものは許容範囲内としてこれ以上は追いかけませんでした。

2017年7月23日日曜日

スタインウェイB型のタッチウエイトマネジメント

あるピアノの先生が古いカワイの代わりに中古で購入したスタインウェイのB型。それほど前ではない時期にハンマーとウイペンが交換されています。このピアノが特殊なのは、ニューヨーク製の本体にハンブルグ製のウイペンとハンマーが装着されている点です。意図的に行われたというよりは手に入りやすいものを使ったと考えられます。

昨年購入したそうですがタッチが重く弾きづらいとのことで事前チェックに伺いました。詳しく話を聞くと、全般的に重いという前提の上で、特に低音域でピアニッシモでの速いパッセージを弾く時に音が出づらく抜けてしまうことがあるとのことでした。またタッチのばらつきもあり、とても弾きづらいそうです。

アクション全景

チェックで見えてきた状況は次の通り。
1、ダンパーのかかりが5mmから10mmで早すぎで、ダンパーペダルを使わない演奏では初動で指に重さが掛かり弾きづらいと思われる。また、W型ダンパーフェルトが弦に深く食い込んでおり、弦から離れる時の抵抗が意外とピアニッシモでは引っかかるのではないか。
2、スプレッド寸法が低音111mm、高音112mmとかなり短め。ウイペンレールには何も挟まれていないので、ウイペン・ハンマー交換時にこの寸法は調整されていないようだ。この寸法が短いとウイペン入力寸法・出力寸法両方に影響があるが、入力寸法の方により大きな影響をもたらすので、ギアレシオが高くなっていると思われる。
3、シャンクフレンジとウイペンフレンジがスティック気味のため当然重く、動きづらく感じる。
4、ストライクレシオは5.6から6.2とばらつきが大きい。これはサンプル鍵での鍵盤レシオが5.0から5.3とかなりばらついていることが原因の一つで、横からキャプスタンのラインを見通すと前後に明らかにわかるばらつきがある。
5、ハンマーストライクウエイトは指標8から9で意外と重くはなく揃いも悪くは無い。
6、フロントウエイトはシーリング値辺りから+6gで、やや重すぎ傾向である。
7、鍵盤鉛は「アクセラレーテットアクション」での説明とは異なり一般的な手前に寄せた配列になっている。低音大4~5個、中音大2~4個、次高音大1~2個、とやや多めに見える。DWの数字と足された鉛の様子から、以前のハンマー交換の際に伝統的なDW基準の鉛調整が行われたことが想像される。

ウイペンとシャンクを両方ハンブルク製に交換してあるので、その部分での問題はありませんでした。キャプスタンも直立で植えられており、通常のアクションの動きをしています。


手前寄りから間隔良く入れられた鍵盤鉛:本来アクセラレーテットアクションでは慣性モーメント軽減のため鉛はバランスピン寄りに配列されると解説されている。このピアノでは工場出荷状態でこのような鉛入れをされている。

アクセラレーテットアクションのもう一つの特徴であるかまぼこ型バランスクロスブロックは健在

データを検討した結果次の作業を提案しました。
1、W型ダンパーフェルトのトリミングと掛かり調整
2、アクションの全フレンジのトルクチェックと再調整
3、アクションスプレッド寸法の基準値への調整
4、ハンマーストライクウエイト調整
5、ウイペンヒールへの薄板挿入によるストライクレシオの削減とばらつき修正
6、鍵盤手前中央付近に重心を置いた鍵盤鉛配置
7、コンサート演奏レベルでのペダル調整、整調と整音・調律

この仕事での重要なポイントは2つあり、ひとつはスプレッド寸法を適切に設定しなおすところ。ギアレシオのタッチウエイトへの影響を把握していないと見過ごしてしまうところです。
もう一つは、キャプスタンスクリューの位置のばらつきをヒールへの薄板挿入の位置調整によって相殺させるところです。これはFW基準の鍵盤鉛調整を行った上で、BWを見ながらヒールの薄板位置を調整することで可能になります。
なお、かまぼこ型バランスクロスブロックですとクロスを半カットすることによるレシオ調整は効き目がかなり少ないので、今回ここには手を付けません。

現在アクションを引き取って作業を開始しています。何か面白い発見があれば続報を投稿する予定です。


2017年6月16日金曜日

タッチウエイトマネジメント2017研修会シリーズ 終了しました

名古屋会場は今年初めての開催で2日間の日程で行われました。主催していただいた中部楽器技術専門学校の卒業生を中心にベテランから若い方まで広い年代の皆さんが集まってくれました。

1日目はタッチウエイトを極端に重くしたものと軽くしたものを試弾して経験していただきました。同じアクションでもやり方によってかなりの重さの変化を持たせることができるからです。なぜそうなるのかその原理を解説した後試弾をして感触の差を感じていただきました。初めての開催ということでもあり、専門用語については丁寧に説明しました。
午後はグループに分かれアクションモデルを使ってスタンウッド測定を体験していただきました。生徒さんの手作りとのことで、部品の位置関係などに大きな幅があり、ストライクレシオなど普通はお目にかかれない数値も算出されました。後半はアップライトピアノでのタッチウエイト調整の可能性と特徴などについて説明しました。
2日目は実機アクションにて実際の分析・調整手順をお見せしました。部品交換を伴う例については実機ではわかりやすいデータが取れなかったので金沢会場のデータを使って紹介しました。
午後は慣性モーメントについて個別部品での体験と解説、そしてギアレシオと換算慣性モーメントの説明をしました。実機アクションで要素を変えた上でバランスウエイトは同じにした何種類かの実例を準備し、その違いを体感していただきました。

ストライクレシオ計算中

ハンマーストライクウエイト測定中 




国立会場はニッピ関東支部9班の開催で今回3年目となりました。これまで継続して参加されていた方に加えて、初心者の参加もあったため若干内容を変更して行いました。

午前中は予定通り慣性モーメントについて実技を交えて解説しました。各部品ごとの慣性モーメントを実際に指で感じ、マネジメントで行う各要素の調整によってギアレシオがどのように変わるのかなど説明しました。実機ではバランスウエイトを揃えても鍵盤鉛の入り方によって重さの感覚が違うことなどを試弾して確認しました。

午後は初心者、中級そして上級と3つに分かれてそれぞれ並行して実習を行いました。
初級はスタンウッド測定とストライクレシオの計算を体験しました。ウイペンスプリング付きのアクションでしたので2つのバランスウエイトを測定してアシストスプリング力を求めたり、ストライクレシオの計算でどちらのバランスウエイトを使うかなど混乱もありましたが最後には自力で良好な数値を得ることができました。
中級はベルトサンダーを使ってのHSW調整、バランスパンチングクロスの半カット、アシストスプリングの力調整、バランスウエイト基準の鍵盤鉛測定を行い鉛位置の決定・穴あけ・鉛詰めまで実習しました。
上級は次高音のサンプル音を慣性モーメントも含めてマネジメントで行う測定と計算を完成させ調整の方向性を確認しました。

鍵盤の鉛用穴あけ(中級)

バランスクロスの半カットをするための接着剤塗布(中級)

スタンウッド測定から得た数値を用いてストライクレシオ計算中(初級)

HSW調整でのテーパー加工(中級)

午後の実習はカオス状態ではありましたが、経験者が各作業で手伝いをしてくれたので事なきを得ました。ありがとうございました。

これで今年の研修会シリーズは終了です。今回実施した各会場、そして新規会場も含め次の段階の研修会の可能性をお問い合わせ頂いています。来年・再来年に向けた研修会計画を年内には策定してご案内する予定です。この研修会の開催に興味のある個人・団体の方はyuji3804@gmail.comまでどうぞご連絡ください。